キリスト教にも香典ってある?

葬儀の際に参列者が遺族に現金を送ることを日本では一般的に「香典」と呼びますが、この場合は「不祝儀」という言葉を使うのが正しく、香典という言葉は本来、仏式の葬儀の場合にのみ使用される言葉です。

神式の葬儀の場合には玉串を備えるので「御玉串料」や「御榊料」という言葉を使います。
また、あまり知られていませんがキリスト教式の葬儀の場合にも仏式における香典や神式の玉串料のような不祝儀の習慣があり、これには「お花料」という言葉が使われています。

キリスト教式の葬儀の際に持参する不祝儀袋には十字架の柄のあるものや花柄のあるものがあれば一番良いのですが、用意できない場合には普通の白い封筒を使用しても構いません。

ところで日本には不祝儀袋の表書きに使うのには大変便利な「御霊前」という便利な言葉があり、これはほとんどの様式の葬儀で使うことができるのですがキリスト教のプロテスタント(と仏式の浄土真宗)の場合だけは使うことができません。

これはプロテスタントには仏式や神道のように故人が仏や神になるという考えがないためです。
プロテスタントの場合には代わりに「忌慰料」という言葉を使います。
不祝儀に関する事ひとつとっても葬儀にはそれぞれの宗派によっていろいろな違いがあるのです。

香典の使い道

亡くなられた故人への冥福を祈り、供養の気持ちを表して捧げるものが香典で、通夜か葬儀のどちらかに持参するのが一般的です。
また香典は葬儀の線香や花などのお供え物が現金に代わり備えられるのですが、その使い道は喪主が自由に決めて良く、葬儀にはセレモニーホールに支払うお金やお寺へのお布施など高額な費用がかかってしまいますので、香典の一般的な使い道は、葬儀にかかる費用の一部にあてられることが多いです。

本来、香典は亡くなられた故人の家族や親族の金銭的な負担を軽減することが大きな目的なため、相互扶助精神の金銭となりますので基本的に使い道は自由となりますが香典は四十九日の法要が滞りなく終了したら、報告を兼ねてお返しをすることがマナーとなります。

また最近では、人との密な付き合いが低い社会となっていますので、香典などの金銭的負担をかけたくないなどの理由や葬儀にかかる費用を抑えるため、故人の希望などの理由から家族葬を選ばれる方が多く、家族葬のような葬儀の形になると、参列者から香典を受け取ることはありませんので家族や身内などが葬儀にかかる費用について話し合い平等に負担することが、後々金銭的なトラブルを避けることができます。

香典のお返しはするべき?

葬儀は相互扶助の精神によって支えられてきた儀式です。
突然の不幸が訪れた際には、誰でも葬儀費用を工面するのに困ります。
そのため、親戚や近所の人たちが協力して香典を出すことで助けあう文化が根付きました。
本来は相互扶助のために香典を出すのですから、お返しは必要ないものです。

しかしながら、心ばかりのお返しをする文化も根付いてきた歴史があります。

香典のお返しの品物としては、お茶や海苔の詰め合わせが定番です。
品物の金額が高すぎては相互扶助の精神から外れてしまいます。
大抵の場合は2000円から5000円くらいまでの品物を香典返しとして葬儀の参列者に配ります。
別の品物として、葬式饅頭を一緒に贈る地域もあります。

北関東の地域においては、香典袋に「新生活」と記入してお返しを辞退する風習があります。
新生活の場合は、お返しを受け取らない代わりに、包む金額は2000円と安くなります。
北関東の葬儀においても、新生活で香典を贈る人はわずかですが、多くの人が理解しているために続いている風習です。

現在では現金を香典として包むものですが、昔は米などを贈ったこともありました。
昔は本当に困っている人のために贈るという認識があったのです。
お返しはしないのが理想ですが、互助の基本を守っていれば、感謝の気持ちとしてお返しをすることを躊躇する必要はありません。

香典の平均額は?

冠婚葬祭で、いつも悩ますのが持参するときの金額の相場です。
葬儀のときには、お香典を持参しますが、その故人との付き合いかたで金額も随分と変わるものです。

そして、葬儀のときには自分の年齢や立場でも平均額は違います。
まず、葬儀のときに近所や同僚の場合は香典は平均5,000円くらいが相場になります。
そして、これが自分の兄弟などになると年代で異なりますが約30,000円~50,000円くらいが全国の平均です。

また、この頂いた香典はまた近所での葬儀の際の参考になるので保存しておくと便利です。

ただし、自分の親の場合は、香典を出すのではなくもらう側になることがあります。
その場合は、兄弟などで葬儀費用の負担をすることになります。
日本人は、いい意味でも悪い意味でも横の繋がりを大切にします。
特にこのような冠婚葬祭のお金は、多すぎても目立ちます。

まして、平均より少ないのも常識を疑われます。
やはり相場を、考えて行うことが後のつきあいもスムーズにいきます。

しかし、一番大切なことは香典よりもその故人を偲び家族に対してお悔やみの気持ちをもつことです。
香典は、ただの挨拶にすぎません。
それよりも、故人の冥福を思う気持ちが大切です。

香典の包み方のマナー

koudenbukuro

香典は通夜や葬儀、告別式の時に持参するものですが、訃報を受けた直後に訪問する際には持参しないのがマナーとなっています。
これは先方に不幸を予期して前もって用意していたのではないかという印象を与えるのを防ぐためです。

同じような理由で香典に新札を使うのもマナー違反とされています。
しかし、だからといって使い古したよれよれのお札を使うのも失礼ですので、最近では新札に一度折り目を付けたものであれば使っても構わないと言う人もいます。

また、包み方のマナーとしてはまず、紙幣の人物の顔が描いてある側を表にして不祝儀袋に入れます。
そして、そのまま持ち歩くのではなく必ずふくさやふろしきなどに包んで持参します。

香典の金額に関しては包み方とは異なり、きっちりとした決まりがあるわけではありませんが大体の目安のようなものはあります。
基本的に故人との血のつながりや関係性が濃いほど、また持参者の年齢が上がるほど金額も高額になります。
地域などによっても差はありますが具体例を挙げると、60代の人が自分の兄弟姉妹の葬儀に持参する香典の額は3万円から5万円位が妥当であるといわれています。

いくらにしようか迷った時にはやや多めに包んでおいたほうが良いとされています。

マナーと言えば、女性の間では脱毛もマナー化しています。

(参考:脱毛 横浜